• HOME
  • IR・投資家情報|中期経営計画

中期経営計画

2022年に向けた基本方針と戦略について

基本方針

・PB 商品を強化し、基幹事業である業務スーパー事業の拡大を目指します。
・少子高齢化や女性の社会進出などに対応すべく、中食事業の拡大を目指します。
・「食の製販一体体制」を強化し、食のニーズに対応した外食事業の拡大を目指します。
・「食」を通じた社会貢献活動及び環境問題に配慮した事業を推し進めます。
・優秀な人財の確保と人財育成に注力すると共に、従業員の満足度向上により企業の生産性を高めます。

重点課題と施策

・業務スーパーの店舗数において、早期の900店舗達成を目指します。

・業務スーパーの既存店売上の通期累計において、毎期102%以上を目指します。

・「食の製販一体体制」を強化するため、積極的なM&Aを推し進めます。

・食品製造において、自動化による生産効率の向上と、より魅力的なPB商品の開発を推し進めます。

・品質管理体制をより充実させ、食の安全安心の取り組みを強化します。

・「食の製販一体体制」を活かした商品力や、オペレーションのさらなる効率化により、他社と差別化された中食・外食事業を拡大します。

・オリンピックなどによる来日外国人の食の問題を解決すべく、ハラール商品等の充実を強化します。

・「世界の本物を直輸入」にこだわった輸入商品の商品開発を強化します。

・人財採用において、積極的な情報開示により、当社に共感していただける人財の確保に努めます。

・従業員教育を強化し、企業と従業員が共に成長できる体制を整備します。


中期経営計画数値目標(連結)

  2020年10月期(実績) 2022年10月期(目標)
売上高 340,870百万円 358,050百万円
営業利益 23,851百万円 26,000百万円
ROE 29.5% 財務体質を改善しつつ、
毎期20%以上

本資料に記載の将来に関わる一切の内容は、発表時現在において入手可能な情報に基づき推計したものであり、様々な要因により、実際の施策・業績と異なる可能性があります。